ベンチャー精神と私

素晴らしい人との出会い、そこから発生する思いもよらない壮大な事業構想、まるで人と人が出会い恋愛をするようにも思える。

そこには相性や時代の状況が許さず流れる話もあれば、その場で決まる場合もある。 私ごとになりますが、この人との出会いが自分を最大限高めることを痛感することが最近多くなってくるにつれ、なんでも屋さんのように思われることもあるくらいだ。しかし好奇心を大切にする自分は人から受ける案件に制限をかけることなく、先ずは聞き入れ自分の事業への関連性や可能性を考える。スポーツと同じでゴルフをしているときに馬術のルールが出てこないのと同じで、人の記憶には取り込んだ案件ごとにまとめてくれる機能が備わっているようだ。 確かに新しい案件へのリスクも覚悟する必要があり全ての人に言えることではないが、この一瞬の判断が大きく人生を変える事も事実だ。私のベンチャー精神はこのような繰り返しにより強く鍛えられた。大なり小なり事業を進めるにあたり、この強烈なプレッシャーは友人であり、圧力は親友といったほど身近なものだ。

いつの時代にも変わらない精神文化がある。私たちは身近な人の情報や偏った情報で物事を判断する傾向が非常に高く、何を参考にし自分の決断を下すかはその時々でころころ変わっていくが、すべては自分の責任であり決めた公約を必ずやり抜く不屈の精神こそが人との信用・信頼につながる。困難極まりない事業も自分がリスクを吸収すること、約束した公約を不屈の精神でやり通すことで結果が生まれてくる。

ベンチャー精神とは探求心。心がけたいのは忙しいという言葉、分からないという言葉をつかわない。 発展途上にある自分などは特に注意したい言葉であるが、同時に知りえない物事に出会ったとき解決する手段こそが、私たちの情報技術であったり、出会った人たちの知恵だと感じる。人の考えることにはそれぞれ理由があり移り変わってゆくが、自分自身は変わらないこともまた安心というサービスを提供できる。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. こんなレシピはいかがですか?

    「幸せのレシピ」という映画をご存知でしょうか。さまざまな言葉によって会話が楽しめる映画です。この映画…

おすすめ記事

  1. 神戸は交易が盛んな港町で観光とジャズ、そしてスイーツや素敵なバーがたくさんあります。 そんな神戸に多…
  2. 語学はコミュニケーションに欠かすことのできないツールです。 たくさんの語学を学ぶことはその国の文化や…
  3. 日本は大きな災害を経験したことで、ボランティア活動にかかわる方々が多くなりました。 ある専門家の方の…

話題をチェック

  1. ハイブリット出版物の発行へ向けて

    人の知識と経験を多く吸収し、お手本にする、まねることで私たちの生活に大きく貢献する出版物(紙媒体)は…
  2. @now news シリーズ

    人と人とのお出会いは一生にそんなたくさんあるものではありません。そんな大切な瞬間を多くの人と共有した…
  3. 情報を科学する

    今回新たな研究テーマに「情報を科学する」を考えてみました。社会全体の大きな構造の中でそれぞれの仕組み…
ページ上部へ戻る