fronteras

ボーダーライン。 現実世界ではこの問題で連携できず事業が立ち往生することもある。 しかし空中戦に持ち込めば意外とうまくいくこともある。 私たちの情報技術は目に見えにくい仕組みが多く理解しにくいものが多いが、活用方法によっては大きく貢献できる事業も考案可能だ。

例えば、何もない場所に仮想現実を生み出し人を引き寄せれば何か現象が起こる。この現象が周りへ影響を与え活性化する。地域活性化の縦割りの考え方を崩せる可能性がありそうだ。その人の喜びや感性にアプローチできれば必然的にサービスは定着していくと考えられそうではないでしょうか。地域活性化には根深い習慣や決まりごとで一定の時間と人の同意が必要になるが、空で行うサービスでは今のところ制限が見当たらない。

この著者の最新の記事

関連記事

  1. こんなレシピはいかがですか?

    「幸せのレシピ」という映画をご存知でしょうか。さまざまな言葉によって会話が楽しめる映画です。この映画…

おすすめ記事

  1. 神戸は交易が盛んな港町で観光とジャズ、そしてスイーツや素敵なバーがたくさんあります。 そんな神戸に多…
  2. 語学はコミュニケーションに欠かすことのできないツールです。 たくさんの語学を学ぶことはその国の文化や…
  3. 日本は大きな災害を経験したことで、ボランティア活動にかかわる方々が多くなりました。 ある専門家の方の…

話題をチェック

  1. ハイブリット出版物の発行へ向けて

    人の知識と経験を多く吸収し、お手本にする、まねることで私たちの生活に大きく貢献する出版物(紙媒体)は…
  2. @now news シリーズ

    人と人とのお出会いは一生にそんなたくさんあるものではありません。そんな大切な瞬間を多くの人と共有した…
  3. 情報を科学する

    今回新たな研究テーマに「情報を科学する」を考えてみました。社会全体の大きな構造の中でそれぞれの仕組み…
ページ上部へ戻る